自動車を運転する時に欠かすことのできない、自動車保険ですがこの出費は結構大きなものですよね。
そのため、強制保険には入っているのだから任意の自動車保険は別に入らなくても良いかなと思ってしまう人もいるかも知れませんが、強制保険である自賠責は人身事故の補償しかされません。
更にその補償も不十分なものでそれ以上の賠償は自己負担となってしまうだけに、任意の自動車保険に加入することは絶対に必要なのです。
しかし、保険に加入するにはお金がかかるので加入の時期にお金がなければ困ってしまいますよね。
お金に余裕ができるまで、無保険状態で自動車に乗るにしても不安を抱えたまま運転をすると余計に事故の危険性が上がってしまいます。
そのような時に便利なのが、クレジットカード払いです。
カードの支払であれば直接お金を引き落とされるのは先のことになるので、その間にお金を工面すれば何とかなります。
借金をするような使い方をするのは苦手な人もいるかも知れませんが、無保険の危険な状態で自動車を運転するよりはわずかな保険料をカードで支払いその間安全に運転することができるのであれば、カードで支払ったほうが利点は大きいのです。
自動車保険は万が一の時のためにあるので、お金がない状況でもカード払いをするなどして加入しておくようにしましょう。